仏検練習問題120・仏検準2級・筆記第3問目

選択肢の中から、最初の文と同じ意味になるよう、括弧内に入れるべき言葉を一つ選んで、必要に応じて適切な形に活用してください。


1. - Je guide parfois les touristes perdus.

- Il m’arrive de ( ) le chemin aux touristes perdus.

① chercher ②perdre ③montrer ④ouvrir


2. - Ne t’inquiète pas pour Paul.

- Ne t’en ( ) pas pour lui.

① être ②faire ③aller ④venir


3. - Si tu le veux vraiment, je peux te le prêter.

- Si tu ( ), je peux te le prêter.

① servir ②obtenir ③envier ④insister


4. - J’irai à la mer s’il fait beau demain.

- S’il y a du soleil, j’en ( ) pour aller à la mer demain.

① profiter ②souhaiter ③préférer ④se servir


5. - Je ne fais rien d’autre qu’écrire mon livre.

- L’écriture de mon livre me ( ) tout mon temps.

① passer ②se servir ③travailler ④prendre



仏検準2級練習問題

解答


1. ③

2. ②

3. ④

4. ①

5. ④

解説

1. Il m’arrive de montrer le chemin aux touristes perdus.

迷子になった観光客に道を示すこともある。

「il m’arrive de + 原形」で、活用する必要するはなかったですね。

「guider」「案内する」と「montrer le chemin」は同義語です。

④ ouvrirは「ouvrir le chemin」「道を開く」となってしまいます。

2. Ne t’en fais pas pour lui.

彼のことは気にしないで。

「faire」の命令形で、「s’en faire」は「心配する」です。

「aller」動詞を使いたかった方が少なくないでしょう。「心配するな、彼は元気だ。」のような文章は確かに可能ですが、今回の文章は否定文なので、「元気ではない」となってしまいますね。「Il va sûrement bien.」なら、大丈夫ですが、「心配」という概念が抜けています。

3. Si tu insistes, je peux te le prêter.

どうしてもというなら、貸してあげるよ。(貸すことができる)

「insister」の現在形で、簡単にいうと「しつこく頼む」です。

③ envierに注意!「J’ai envie de」は確かに「欲しい、~したい」の意味ですが、「envier」は「うらやむ、ねたむ」です。

4. S’il y a du soleil, j’en profiterai pour aller à la mer demain.

晴れていれば、これを機に明日は海に行ってみる。


「profiter」の未来形で、簡単にいうと「有効に利用する」です。

5. L’écriture de mon livre me prend tout mon temps.

本を書いていると、(全ての)時間を取られてしまいます。


「prendre」の現在形です。「prendre (tout) son temps」は「ゆっくり時間をかける」ですが、「me」を加えるだけで、「じかんを取られる」になります。

逆に、①passerは「passer son temps」「時間を費やす」ですが、「me」があると、「je me passe de~」は「~を必要としない」で、まったく別の意味になってしまいます。





※フランス語パザパが独自で作成した練習問題です。フランス語教育振興協会の仏検の過去問題ではありません。

フランス語検定の実際の過去問題を手に入れたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

仏検公式ガイドブック

http://apefdapf.org/dapf/publications/guidebook

過去問題サンプル

http://apefdapf.org/dapf/presentation/exemples


閲覧数:12回0件のコメント