仏検練習問題105・仏検3級・筆記第2問目

括弧内の動詞を正しい形に活用してください。


1.

- C’est l’heure ! J’y vais !

- (Attendre)-moi ! Ne me laisse pas seul !


2.

- Tu es allé à l’université ?

- Oui, j’étudiais l’histoire, mais je suis tombé malade et j’ (devoir) arrêter l’université.


3.

- Tu es déjà allé en France ?

- Oui, j’y (aller) l’année dernière et je pense y retourner cette année.


4.

- Quand est-ce que tu viens ?

- Je ne sais pas encore. Je te (téléphoner) plus tard.


5.

- Allô, c’est Marie. Qu’est-ce que tu fais ?

- Maintenant ? Je suis à Paris et je (visiter) le musée du Louvre.

仏検3級練習問題


解答


1.

- C’est l’heure ! J’y vais !

時間だ!行くよ!

- Attends-moi ! Ne me laisse pas seul !

待って!一人にしないで!


主語がないことから命令形だと分かります。

attends – attendons – attendez

2.

- Tu es allé à l’université ?

大学に行ったことがある?

- Oui, j’étudiais l’histoire, mais je suis tombé malade et j’ai dû arrêter l’université.

うん、歴史を勉強していたが、病気になって、大学を辞めなければならなかったんだ。

長い間、勉強していました。

そして、突然、病気になりました。

そして、突然、勉強をやめました。

こうして、ある期間続く物事を話す時に半過去を使って、突然起きる出来事に複合過去を使います。

例えば、

ドアは開いていた。La porte était ouverte.

ドアが開いた。La porte s’est ouverte.

「devoir」動詞を複合過去に活用します。

3.

- Tu es déjà allé en France ?

フランスに行ったことがある?

- Oui, j’y suis allé l’année dernière et je pense y retourner cette année.

はい、去年行きましたし、今年もまたいくつもりです。


去年のことなので、過去です。そして、一回の出来事です。

「aller」動詞を複合過去に活用します。

(数回や習慣の場合、そして済んだ出来事、半過去を使います。J’y allais tous les ans.)

4.

- Quand est-ce que tu viens ?

いつくる?

- Je ne sais pas encore. Je te téléphonerai plus tard.

まだ分からない。後で電話するよ。


現在分かっていないが、後で、要するに未来、分かったら電話するそうです。

「téléphoner」動詞を未来形に活用します。

5.

- Allô, c’est Marie. Qu’est-ce que tu fais ?

もしもし、マリーです。何しているの?

- Maintenant ? Je suis à Paris et je visite le musée du Louvre.

今?パリにいるよ。ルーブル美術館を訪れている。


電話して、「今」していることを説明しているので現在(今)です。

よって、「visiter」動詞を現在形に活用します。





※フランス語パザパが独自で作成した練習問題です。フランス語教育振興協会の仏検の過去問題ではありません。

フランス語検定の実際の過去問題を手に入れたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

仏検公式ガイドブック

http://apefdapf.org/dapf/publications/guidebook

過去問題サンプル

http://apefdapf.org/dapf/presentation/exemples


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示