top of page

仏検練習問題158・仏検1級・筆記第1問目

括弧内の言葉を名詞に変えて、その名詞を使って、最初の文と同じ意味の文章に書き直してください。

1. Son visage est (pâle). C’est inquiétant.

2. On lui (a retiré) son permis pour excès de vitesse.

3. Il est triste que la vie d’une luciole est si (brève).

4. Il est facile de (cultiver) les oliviers dans le sud de la France.


5. La maison doit être (rangée) tous les jours.


仏検1級練習問題


解答


1. La pâleur de son visage est inquiétante.

彼の顔面の青白さが気になる。


形容詞によくある語尾の-eurです。他には、「haut」、「lent」、「lourd」、「blanche」、「grand」などがあります。

2. Son excès de vitesse lui a valu un retrait de permis.

スピード違反で運転免許が取り消された。


「retirer / (un) retrait」ですが、「tirer / (un) tir」です。

3. La brièveté de la vie d’une luciole me rend triste.

ホタルの儚さに悲しくなる。


「i」に気をつけましょう。「vie」のほかに、「durée de vie」や「espérance de vie」も言えます。

4. La culture des oliviers est aisée dans le sud de la France.

南フランスではオリーブの栽培は簡単です。


「facile」を「aisé」に言い換えるのも覚えておきましょう。

5. Le rangement de la maison est indispensable.

家の整理整頓は欠かせません。

Le rangement de la maison doit être effectué tous les jours.

Le rangement de la maison doit être quotidien.

家の中は毎日整理整頓しなければなりません。


同様の形(-er / -ement)は「remercier / (un) remerciement」や「siffler / (un) sifflement」もあります。





※フランス語パザパが独自で作成した練習問題です。フランス語教育振興協会の仏検の過去問題ではありません。

フランス語検定の実際の過去問題を手に入れたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

仏検公式ガイドブック

http://apefdapf.org/dapf/publications/guidebook

過去問題サンプル

http://apefdapf.org/dapf/presentation/exemples


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page